忍者ブログ

劇団Island☆12公式ブログ

腹筋善之介(IQ5000/Piper)のワークショップをきっかけとし、2008年に生まれた劇団Island☆12の公式ブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人形劇団「つばさ」って?

DSC07816.jpg
こんばんわ。
運動場すなばです。

昨日、大阪の岸和田の次の駅にある「東貝塚」駅にあるショッピングセンターに
友人が所属している人形劇の劇団を見に行きました。

劇団名はおはなしキャラバン「つばさ」さんと言う名前で全国各地を回ってらっしゃるとても、歴史のある劇団です。

友人はそこに所属して大分経ちますが、最近は劇団の中でも古株になったらしく、主役をやらせてもらってるみたいです。


さてさて、実際の人形劇のお話を書かないといけませんが、

演目は「ホンザときつね」
あらすじは、HP参照↓
「ホンザは、やんちゃな男の子。
一度でいいから空を飛んでみたいと
思っている。ある日、おじいさんと
おばあさんが出かけた後、きつねの
コンばあがやってきた。コンばあは、
「わたしのシッポにのってみない?」
       とホンザに誘いかけるが・・・
   チェコの民話をもとにした、
      心あたたまる人形劇です。」
 

と、その前に僕らの劇団Island☆12は、結成して一年と少しでまだまだ若い劇団ではありますが、
会議で必ず議題に上がり、目指す理想があります。

それは「お客さんの為に芝居をするにはどうすればいいか?どうすれば、お客さんが喜んでくれるか?」

自分らがやりたい事と、お客さんが求めている事をすり合わせながら、
「自分らも楽しくお客さんも楽しい」ものが出来たら、ほんまに素敵や思って頭を使いますが、
本当に難しい!

話を人形劇に戻しますが、実はこの「つばさ」には、僕が思う理想が見えるんです!

お客さんの対象は子供になりますが、

人形劇の芝居としての完成度もさることながら、劇中で、子供と一緒に歌を歌うシーンがあったり、
ゲームを一緒にするシーンがあったりして、舞台としての一体感がとにかくすごい!

「きつねはどlこにいった?」と子供に聞いて子供が「あっち!」と指差したりするのを見て

昔ドリフターズで「志村うしろ!」って言う感じと似ていて、お客さんも一緒に参加しているのがいい。


そして、劇終了後には、人形を操っていた人たちが人形を連れて来て子供と写真を撮ってくれますが、
最後の最後まで、楽しませてくれます。

僕らが、対象にしているのは、大人なので、またアプローチが、子供とは違うのですが、
「お客さんが楽しめる舞台」ってのは改めて考えさせられる
そんな瞬間でした。

劇団「つばさ」HP↓
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/tsubasa/yuku/yuku2006.html

運動場 すなば

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
<< PREVHOMENEXT >>
130 |  129 |  128 |  127 |  126 |  125 |  124 |  122 |  123 |  121 |  119 | 

プロフィール

HN:
Island☆12
性別:
非公開
職業:
演劇
趣味:
演劇
自己紹介:
2008年に腹筋善之介(IQ5000/Piper)が企画したワークショップ「腹筋塾」から生まれた大阪の劇団Island☆12の稽古場日誌 兼 ブログです☆

カウンター

メールマガジン

「IsLand☆12」の今後の公演情報や劇団員の客演情報や日常をオモシロ可笑しくお伝えしていきます! メールアドレスを記入のうえ、送信ボタンをクリックしてください☆
メルマガ購読・解除
 

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント

[05/13 Backlinks]
[02/04 fetBrelprearl]
[09/23 奥田美樹]
[09/23 ミラ]
[09/17 ともよ]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

Powered byNinja Blog  Template & Material by 素材屋405番地

忍者ブログ [PR]